和食器には陶器と磁器がある!

日本の食器と言えばどのようなものが思い浮かびますか? 有名なもので言えば、有田焼や古伊万里、備前焼に九谷焼といった和食器がうかぶと思います。これらは、皆さんが想像する様な、お寿司屋さんでも出てくるような、ザ・日本の食器!と言えるような、「陶器の和食器」。ですが、日本にはノリタケや香蘭社、大倉陶園のような、皆さんがイメージする様な和食器とは違い、洋食器の様に白く華やかな絵付けがされた「磁器の和食器」があります。 ノリタケの様な磁器食器は、素人が見ると一見洋食器に見えまて、良く勘違いされますが、実はれっきとした和食器です。では、何故このように同じ和食器でもここまでデザインが異なってくるのかという事ですが、これは使っている素材に違いがあります。 上記でも「陶器」と「磁器」と表記を分けているのは気づきましたか?陶器というのは土から作られた食器ですので、やはり土の色を活かした茶色がベースとなります。一方、時期は石を使った食器になり、医師は砕くと白い色の粉末になるので、白い食器が完成するという事です。日本の食器はどちらも世界で高い人気を持ち、特にノリタケの食器は世界でもトップクラスの人気を誇ります。是非皆さんも自分の用途に合わせて両方の食器を使い比べてみて下さい!