ロイヤルコペンハーゲンのイヤープレート

ロイヤルコペンハーゲンといえば、デンマークにある陶磁器のメーカーです。ロイヤルコペンハーゲンはイヤープレートが非常に有名ですが、実は全ての食器製品が初期人による手書きで絵付けがされています。更に、これはちょっと有名なお話しですが、ロイヤルコペンハーゲンは日本の和食器伊万里焼(古伊万里)にも影響を受けていて、青を基調とした絵付けがそれなのです。その為、長年において日本でもロイヤルコペンハーゲンの食器は高い人気を誇っていますね。 先ほども触れましたが、ロイヤルコペンハーゲンと言えばイヤープレートと言われるように、1908年から毎年シリーズとして販売され、クリスマスの時期に販売をする為、別名「クリスマスプレート」とも言われています。 1908年から発売され続けている事もあり、コレクターから非常に高い人気があり、買いそびれると、その後同じデザインのイヤープレートは二度と生産されない事からも、全てを揃えたい!と考えるコレクター間では、とある年数のイヤープレートが非常に高い価格で取引される事もあり、買取店でも同様に非常に高い価格で買い取ってくれる年代のものもあります!